haisyabakulohanashi’s blog

歯科について書いていきます。私の失敗体験!高級車が何台買えるの?と突っ込みたくなるくらい20代から歯にお金かかっています。歯で悩んでいる方のお役に立てたらと思い書いています。

同じ場所が悪くなるのは噛み合わせが原因 歯科医院選び失敗しないために

しっかり歯磨きしていても同じ場所がまたダメになってしまうのは噛み合わせの全体のバランスが良くないに、症状の出た場所しか治療しないからどんどん歯が悪くなってきてしまいます。

人気のある歯科医院と腕の良い歯科医院は全く違います。
いつも患者さんが待ち合い席にいっぱいいたり、先生の説明が丁寧、優しいなどの理由の歯科医院はだいたい腕は良くないです。
何人もいる歯科医院は特に危ないですね
何年間かの契約でやっているので危険です。
責任もって治療をしない先生も多く、数年後にはいなくなるので次の先生が診ることになってどんどん歯が悪くなってきてしまいます。
歯科医師や衛生士が多いところは問題も多く、抜かなくていい歯を抜かれた話や矯正治療も失敗した話を良く聞きました。

腕の良い歯科医院の先生は、衛生士に任せっきりにせず、クリーニングが終わってから院長が歯磨き指導まで責任もってしっかりしてくれます。
悪い歯だけではなく全体の噛み合わせをみて調整してくださり、責任もって最後まで診てくれます。
スタッフを見ると院長の人柄がだいたい分かりますね。


もともと歯並びはよくて噛み合わせに問題がなくても、口腔ケア習慣ができていないと、虫歯を削って奥歯が銀歯になって治ったかと思いきや、口腔ケアが悪いせいでしばらくしてからまたそのつなぎ目部分が停滞したプラークのせいで腐食して黒くなり2次カリエス(虫歯)となります。そして今度ダメになった時には以前よりもっと削られて神経がとられた後、銀歯をかぶせて治療がいったん終わります。そうなると、再び磨けていない部分から再度銀歯が虫歯になっても、今度は神経がないせいで銀歯が崩れ落ちてくるまで虫歯が進んでしまっても痛くないので結果的にかなりの歯質が崩壊していまっていることがとても多くなります。銀歯がとれてきただけなので、気楽につけるだけですむと思いきや、残っているご自分の歯の根っこの部分はすでにほとんどが虫歯が進んで崩壊してしまって、結局抜歯せざるを得ないことが多いのです。
そして義歯やインプラントなどのさらに大掛かりな別の補綴物が始まる…といった歯を失っていく悪循環の連鎖から一生断ち切ることができなくなっていきます。

衛生面に気を使っていて、院長が歯磨き指導と噛み合わせをしっかりみて調整してくれる歯科医院を選ぶことです。